2018/09/30

インデックスファンドの運用能力を主要5社で比べると、ニッセイが案外良かった

投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

最近たいへんためになる記事を見かけました。


こちらの記事を含め、最近わかってきたことは「運用報告書からは真の運用コストはわからない」「日々のトラッキングエラーを最小化しようとするとコストがかかり、長期的なリターンが犠牲になる」ということです。先日の三菱UFJ国際投信のミーティングでも、似たようなお話があったようですね。ありがたいことです。

どこで読んだ記事かは忘れましたが、バンガードのインデックスファンドはなるべく売買を少なくすることで、トラッキングエラーよりもコストの削減を優先している(のでプロの評価が高い)というような話を読んだことがあります(英語)。

さて先ほどの記事からの引用ですが
信託報酬が年率0.02%程度の差でしたら、パフォーマンスが6か月、1年、3年で上回っているファンドを選んだ方が良いと考えます。

なるほどごもっともです。というわけで比べてみます。

続きを読む

2018/09/27

ちょっと残念なSBI証券の新・iDeCoプラン。しかし現状よりはまし

dd6104afb80ddbbfb4f8c43f3fd93277_s.jpg 
投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。画像はリニューアルで検索したら出てきたマンションの改築の様子。

すでに各所で話題となっていますが、SBI証券のiDeCoに新プランが設定され、商品ラインナップが刷新されています。


といってもよく考えてみれば業界が震撼するような大ニュースではなく、しばらく遅れをとっていたのがようやく追いついたといった感じです。

すごく簡単に言えば、「各種インデックスファンドを現行で最安のものにしましたよ」ということですね。僕はインデックスファンド以外には興味がなく、アクティブファンドについては最初から眼中にありませんので、他の商品については特にコメントしません。

ところで僕はこの新プランについてよしよしと思った点もありますが、全体的に言えばがっかりしています。それでもプラン変更に手数料がかからないことを考えると他者に移管するよりはましであることから、新プランへ移行するつもりです。

ということで良い点・良くない点を挙げていきます。

続きを読む

2018/09/26

新興国への投資について考えた

投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

たぱぞうさんのブログ記事を読んで触発されてこのエントリを書きます。


ポートフォリオに新興国株式を組み入れるかどうかは常に議論の的です。

新興国株への投資が超過利益を生み出すのか、それともリスクとコストばかり増えてそれほど儲からないのかははっきりしたことは言えませんが、それでも自分でどうするかを考えて方針を決定しないといけません。

様々な情報や意見が飛び交っていますが、ここは自分としての認識と考え方を述べてみます。

続きを読む

2018/09/24

僕が米国株・先進国株に絞らないわけ

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_s.jpg 
投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

組み入れ上位10傑から米国以外の企業が消えてしまってからしばらく経ちます。たしか一年ほど前まではまだ残っていたような気がするのですが、いつの間にか消えてました。

ということで実質的に世界の株式市場は米国が支配しており、各国市場のリスク・リターンなど考えても米国株のみ、あるいは先進国株のみに絞った方が儲かるはずなのに、なぜそうしないのかということになってくるかと思います。

僕は現在、iDeCoのほうで先進国株のみ、証券口座のほうで全世界株(除く日本)に投資するという二本立て体制です。なぜそうしているのかという理由は自分でもはっきりとは持っていないのですが、ふわっと述べてみたいと思います。

続きを読む

2018/09/19

節約に目覚めた時に忘れがちなこと

cf4d0e260ff93b4f3ca1b06dce0a0d77_s.jpg 
投資家未満、資産形成家のいぬデックスです。

積み立て投資をきっかけに家計を見直し、お金が貯まる体質を作るための節約に目覚めるというのは良い影響の一つだと思いますが、節約というのもこなれてくるまではついつい無理をしがちなもの。

表面上は毎月家計がプラスになっていると思っていても、想定していなかったコストで実は年間や数年越しのトータルではマイナスだった、ということもありえます。

企業なんかでも製造機械の故障などが原因で設備の更新ができずにキャッシュフローは黒字でも廃業となる例はよく見かけますから、見かけ上の黒字は馬鹿にできないですよ。

続きを読む