2018/04/02

外国債券を組み入れるべきかという問題

外国債券について、ポートフォリオに組み入れるべきかという議題がよく挙がります。

インデックス投資界隈の大御所さんたちによると、外国債券は入れる必要がないという意見が多数を占めているように見えます。

一方でバランスファンドや、ロボアドをはじめとするラップ口座には必ず含まれています。

ということで僕も考えてみました。


アセットごとに『期待する役割』を割り当てると

人間が考えやすくするために、それぞれのアセットを組み入れる際にその組み入れる『理由』を定義するという手法がありますね。

株式クラスには資産の成長が期待されます。

債券には一応利息という安定した収益源も期待されますが、ポートフォリオに組み入れる理由としては『価値の変動がが小さいこと』『株式との相関の低さ』が挙げられると思います。

これをもう一歩進めると『ポートフォリオ全体のリスクを下げる』という働きを期待して入れるということになると思います。

この時に問題になってくるのが、外国債券の為替リスクです。外国株も為替の影響を受けますから同じ方向に動きやすくなっています。外国債券が株式よりも安定しているとはいえ為替の影響を受けるわけですから、国内債券に比べるとリスクの高い資産といえるでしょう。

外国債券を組み入れた結果、国内債券への割り当てが減ってしまい、結果的に債券の組入比率を高めにしないと狙ったリスクに収めることができなくなり、その分株式への配分が減ってしまうことを考えると、人間が考えるには複雑すぎるような気がします。

ということで、外国通貨建ての債券ファンドは入れない方がシンプルに運用できるということになります。

日本の国債の状況を考えると、今後金利が上昇しても影響を小さく抑えるために、為替ヘッジをかけた外国債券を一部組み入れるというのは目的にかなっているので有りかと思います。

そもそも価値が変動する可能性のある債券は一切組み入れず、キャッシュや代替商品を使ってリスクをコントロールするのが最も安心とも言えますね。日本円を基準に考えれば価値の評価軸が一つになるので人間の頭にとっては便利です。


計算上の期待値こそが全てと考えると

値動きの違うもの(相関係数が1ではない)同士を組み合わせると、単純な荷重平均よりもリスクが低下するというモダンポートフォリオ理論を信じるとすると、

期待リターンとリスクの値が同じなら、配分の違う二つのポートフォリオの結果は同じになるはずです。

これを踏まえて考えると、株式と国内債券だけよりは外国債券も適度に混ぜて同じリスクを実現したほうが、より高いリターンを期待できるということになりますよね。

問題としては想定した通りのリスクになるかどうかは、実際のところわからないという点が挙げられると思います。リスクも期待リターンも時とともに変化していくからです。これを監視して適宜変更するのはとても面倒です。

また、常に揺れ動くもの同士を組み合わせて絶妙なバランスを取るというのは、多次元的思考が必要となるのでちょっと人間には複雑すぎますね。少なくとも僕にはちょっとキツイです。

そんなわけで、ロボアドのように僕の代わりに誰かが考えて実行してくれるならこれでも良いのかなと思いますが、固定配分のバランスファンドに何十年も預けるのは少し気がひけるなあ・・・といったところです。

それに、株式と債券(キャッシュ)との比率は状況に応じて変えていく必要があると思いますから、あらかじめ決まった比率で最初から積み立てていくというのは根本的に間違っているのではという懸念が払拭できません。


自分は入れません

考える過程で気づきましたけど、僕はだいぶ保守的な考え方を持っていると思います。頭が悪い自覚があるので複雑なことができないからです(笑

自分で言うのもあれですが、おそらく銀行預金の額も一千万を超えることはなさそうなので、安全を期待する資産はすべて銀行に預けてしまっても特に問題なさそうなんですよね。

最大の効率を求めてコントロールしにくい要素を組み入れるよりは、ほどほどの効率でいいからそれを実現しやすい方法をとればいいや、ということで、僕は外国債券は組み入れないで良いと思います。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント

No title

個人的に下げの大きさは違うにしろ株式も債券も下がるときは一緒に下がるのでだったら株式のリターンに注視した方がいいと思っています。

全体的な調整なら現金ですればいいので、私は現金+株式のアセアロです。

Re: No title

クロスパールさん、コメントありがとうございます。

外国のロボアドや推奨ポートフォリオなど見ていても、外国債券は全く入れないか、為替ヘッジつきのものが主流のようです。
やはりコントロールがしにくいことが理由なのかもしれません。
外国通貨建ての債券を持つ必要があるのは国とか、年金とかのレベルでないとないのかもしれないですね。