2017/11/02

確定拠出年金での運用分は資産に含めない方が良いですよ

iDeCoでも401kでもDCでも呼び名はなんでもいいですが、
確定拠出年金は公的年金と同じく、一定の年齢までは手に入らないお金ですので、自分のお金ではありますが、資産の中には含めない方が良いでしょう。
60歳になったら含めても良いと思います。今後も制度が変わり、支給される年齢が変わるかもしれません。

合理性を重視されるFPや経済評論家の皆様は、理屈の上から言って確定拠出年金の運用分も資産として計上し、アセットアロケーションを考えましょうなんてことをおっしゃいますが、人間そこまで割り切れないものですし、そもそも一般的な流動資産と資金のやりとりが相互にできないという点で明らかに違うものと認識した方が良いでしょう。
同様に保険なんかも別勘定で、普段の資産からは除外しておいた方が良いと思います。
(変額保険はそもそもアウトですので省きます)

ぼくもそこそこ確定拠出年金は続けてきてるので、少ないながらも積み上げてきた分がまとまった額になりつつありますが、これはたまに眺めてムフフとする程度で、これが今自分の持っている財産だとは認識していません。
後のお楽しみというやつですね。ゴールが近づいてきたら少し意識してみようと思っています。

アセットアロケーションはあくまでも自由になるお金だけで考えたほうがシンプルになって良いですよ。
関連記事
応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント