2017/12/29

つみたてNISAで買う商品は一本に絞るべき理由

つみたてNISAの受渡日が年をまたぐために、実質的に開始となりましたね。

以前より、僕は「つみたてNISAでは一本に投資すべき」というようなことを主張しています。

なぜでしょう。もちろん理由があります。


その前に・・・

実をいうと一本に絞りましょうと言っても一生ひとつの商品と添い遂げましょうということではありません。(ごめんなさい)

あとでもっと良いものが出てきたら乗り換えてもいいのです。

ただし、投資対象(新興国株式・米国株式など)の乗り換えは避けましょう。

あくまでもほぼ同等の指数や、より広く分散されたものに限るべきです。

具体的には先進国株式・全世界株式(それぞれ日本の有無を問わず)が良いでしょう。

バランス型でも良いと思います。

以下は上記を前提にお話しします。


ファンドを乗り換えても散らからない

途中で良い商品が出て、積み立て商品を変更すると、保有するファンドの数が増えてしまいますが、心配いりません。

商品が複数あっても投資対象は同じですから、ファンド個別の損益なんか気にせず、評価額の合計だけを見ておけばOKです。

たとえ先進国株式から全世界株式に乗り換えたとか、その逆であったとしても、適切な市場に広く分散されているというポイントさえ押さえられていれば、これはどちらを選んでもそう変わりはないということです。


どうせ細かく管理なんてできない

一つしかないのでリバランスの作業が必要ないのも良いところです。面倒ごとはファンドが勝手にやってくれます。

積立額を調整してバランスを取るなどという盆栽の手入れは、盆栽が趣味の人だけにしておくべきです。

ただしあなたがとても几帳面な性格で、つみたてNISAの枠よりはるかに大きな額を特定口座などで同時に積み立てている場合、全体をポートフォリオと考えて特定口座の保有資産を売買することでバランスを取ることも可能でしょう。

ちょこっと溢れる程度では、積み上がってからの変動に対応できず無理がありますのでやらなくて良いでしょう。


サテライトは所詮サテライト

10%程度組み入れても大勢には影響しません。

日本や新興国を(意図的に)少しだけ組み入れる理由は単に「取りこぼしたくないから」「あまり影響を受けたくないから」であって、所詮はつまみ食いでしかありません。

「大きく伸びると思うから」であるなら、50%など大きな割合を組み入れ、コアとして運用したり、「どれが伸びるかわからないから」ならば均等に近い配分もしくは全世界株にするはずです。

そして先ほども述べたように、つみたてNISAで割合を管理することは、選ばれた一部の人にしか不可能です。

ということで特別な理由がない限り(日本を応援したいとか)、組み入れる必要はありません。組み入れたとしてもバランスを取る必要はなく放置でいいでしょう。

関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント