2017/12/17

低収入だからつみたてNISAより重要なものがある

SBI証券にて、つみたてNISAの積み立て設定ができるようになっています。

インデックス投資界隈ではみなさん早速、「設定しました!」という記事を書いておられるようですね。

そんなに急がなくても来年までにやっとけばいいんですけどね。

まあ僕もしれっと設定しておきましたけど!


積立額よりキャッシュフローが大事です

しかしこれはあれですね、貧乏人には辛いですね。

現行のNISAは年間120万ともともと手の届かない額だったのでまあどうでもいいかといった感じでしたが、

年間40万だと一切貯金しなければなんとかなるのでは・・・?

と言えなくもない絶妙の金額、昨年iDeCoに1万5千円しか掛けられなかったときのもどかしさをまた感じています。

年末にイベントを控えておりましてキャッシュ(生活費)が随分と減りキャッシュフローも少し変わる予定ですので、2018年はすこし保守的に行こうと思っています。

Vanguardの創業社長ジャック・ボーグルさんはお給金が増えたらその分投資しなさいと言っていますが、貧乏人はキャッシュがないと死んでしまいますし、この先下落が来てもいつも通り生活できるだけの分は確保していかねばなりません。

やはり投資のせいで首が回らなくなる投資貧乏というのは良くないです。資産は増えてもお金の収支がマイナスとか一銭も貯金しないとかいうのは正常な状態ではありません・・・


いつも心にブレーキを

ということで、2017年は毎月1万円を積み立てていましたが、来年も増やすことなく同程度にしようと思っています。

相場が上がっている時には貪欲になりがちですが、まさにこういう時こそ感情的になっていないか、熱に浮かされていないか、リスクを取りすぎていないか俯瞰してみてみる必要があるでしょう。

上昇相場とは、いわば前走車がいないまま40キロ制限のまっすぐな道を走っている状態です。ここで速度を上げて目的地まで急ぐか、制限速度で走り続けるか?

普段の行動が出ると思います。

「できる範囲でやる」

というのは投資を続ける上でのコツとしてはかなり上位に入るのではないでしょうか。

と自己を正当化したところで結ばせていただきます。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント