2017/12/16

メインを楽天カードに乗り換えます

以前の記事で、メインで使うカードをどれにするか迷っているということを書きました。

参考記事:クレジットカードを決めきれない

しかし検討を進めた結果、楽天カードにすることに決めました。

決め手はやはり、買い物を一切せずにポイントを使えるという点です。

ポイントには利息がつかない

先ほどの記事でも、ポイントは買い物をしないと消費できないということを述べていますが、まさにその通りで、ポイントが使える店で買い物なりサービスを受けないことにはポイントが消費できないということが問題でした。

さらに、実店舗ではポイントが使える施設が限られること。ポイントを使うためにわざわざ店を選ばないといけないのはとても苦痛でした。

なんとなくお得だと思ってヨドバシのポイント10%還元とかにつられてしまいがちですが、次に何か買うまではその恩恵には預かれず、放置されます。


というのも、ポイントは現金ではないため利息がつかないので、できることなら早く使ってしまった方がお得だからです。溜め込んでいるのは無駄としか言えないです。

これは電子マネーのチャージ額に対しても言えますので、ポイントを電子マネーに交換したとしても同じく利息はつきません。


投信購入なら消えてなくならない

その点、楽天ポイントで投信を買えるサービスを使えば、わずか100ポイントから即座にポイントが直接利益を生み出すものに置きかわります。前にも述べましたがマネーフォワードにも特に支出としては記録されないので、ただの口座間の移動になります。

これはわずかなポイント還元率の違いよりも大きいと判断しました。

楽天ポイントで国内債券インデックスファンドを買う→すぐに解約で現金化してSBIに入金、つみたてNISA対象商品を購入するという悪魔的所業もあるにはあるのですが、さすがに気が引けますし、そもそもめんどくさいですからすぐ忘れそうです。

資産運用はシンプルであるべきなので、投資行動そのものにはなるべく脳みそを使わないで済む方がいいと思います。

ということでつみたてNISAとは別で、楽天ポイントでの積み立て投資も実行に移します。何を買おうかは検討中。株式ファンドのうちのどれかになると思います。

J-REITファンドにしようかと一瞬だけ考えましたが、不動産には夢があるものの分散の幅広さの点でよくないと思い直し、貧乏人にはサテライトなんてないと言い聞かせて切りました。

そう考えると僕はなかなか保守的原理主義的インデックス投資家なのかもしれません。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント