2017/11/26

こっそりJ-REITも持っています

みずほ銀行の手数料無料特典を簡単に得るために、投資信託を持つ必要があり(個人向け国債や外貨預金でもいいらしいです)、熟慮の結果i-mzuho国内リートインデックスを保有しています。

本当は50万円以上預けておけばこんなことしなくても済むのですが、僕は貧乏なのでこうした方がいいのです。

一万円分で良かったのですが、買ってからぐんぐん値下がりして気分が良くないので(笑)、下がったところで少しずつ買い足していたところ、このところの急上昇でプラスに転じたので結果オーライといった感じです。

i-mizuhoシリーズには対応するETFを買い付けるラップ型ファンドと、ETFではなく上場銘柄に直接投資するマザーファンドを買い付けるファミリーファンドの二種類があり、

国内リートの場合後者のため報酬の二重取りがないこと、

低コストファンドでもREITに関してはコスト戦争が激しくなく、比較的見劣りしないこと(i-mizuhoシリーズはけっこう運用管理費用が高い)、

他の商品との相関が低いこと

の三点を重視しました。


はからずも、結果的に分散投資の意味を体で理解することができました(株式が上がっている時に下がり、下落した時に上昇)。

このまま長期保有するかどうかは悩みどころですが、大した金額ではないことや
そもそもi-mizuhoは割高であることを考えると、また最低額まで減らしておいた方がよさそうです。

全部売却して外貨預金にしても良いかもしれませんが、みずほ銀行の外貨預金はネットでの手続きが平日の21時までとたいへん使いにくいので、このまま投資信託を持ち続けた方が精神衛生上はいいですね。

とはいえ、みずほ銀行には同じみずほFG傘下のもっと低コストな「たわら」がありますから、i-mizuhoなんてやめてこちらを導入していただきたいものです。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
関連記事
応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント