2018/10/08

保有ファンドがごちゃごちゃしてくると、だんだんどうでもよくなってくる

476634d1953fa39412b10306c1c745a4_s.jpg 
いぬデックスです。

日本を含む全世界に投資したいと言って、理想の商品が出るまでの間にあれこれ工夫しているうちに、ポートフォリオがぐちゃぐちゃになってきたことは先日記事にしました。

完全に失敗した感が強いですが、しかしここまでくると何をしても大丈夫という気持ちにもなってきます。

すでに単一アセットの投信を少額でも保有していることには変わりがないわけで、適当に積み立て設定してほったらかしても大して変わらないんじゃないかという風に、逆に気が大きくなってきました。どうせ今後もごちゃごちゃしていくことでしょう。

だから保有銘柄がごちゃごちゃすることを気にするのはやめようと思います。しかし積み立てるファンドの構成はなるべくシンプルにしていきたいところです。月々定額以外での臨時拠出の際に悩むのはめんどくさいですからね。

気絶投資法を推奨している人の中には、好き勝手積み立てて、中身が重複していても構わないじゃないか、といった奔放な考え方の人もいらっしゃいます。これには一理あると思っています。

最終的にはキャッシュとの比率がものを言うので、キャッシュも積極的に増やしていく方針には変わりありません。投資に回すのは、余ったお金のうちの一部です。
関連記事
応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント