2018/09/24

僕が米国株・先進国株に絞らないわけ

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_s.jpg 
投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

組み入れ上位10傑から米国以外の企業が消えてしまってからしばらく経ちます。たしか一年ほど前まではまだ残っていたような気がするのですが、いつの間にか消えてました。

ということで実質的に世界の株式市場は米国が支配しており、各国市場のリスク・リターンなど考えても米国株のみ、あるいは先進国株のみに絞った方が儲かるはずなのに、なぜそうしないのかということになってくるかと思います。

僕は現在、iDeCoのほうで先進国株のみ、証券口座のほうで全世界株(除く日本)に投資するという二本立て体制です。なぜそうしているのかという理由は自分でもはっきりとは持っていないのですが、ふわっと述べてみたいと思います。


全世界時価総額インデックスの組入比率

VTの保有銘柄リストによりますと、米国以外の企業の組み入れ上位は
14位 ネスレ(スイス)
16位 テンセント(中国)
27位 アリババ(中国)
30位 ノバルティス(スイス)
31位 HSBC(香港)
36位 サムスン(韓国)
39位 トヨタ(日本)
41位 トタル(フランス)
44位 ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ)
46位 BP(英国)
50位 メドトロニック(アイルランド)

という感じになっているようです。40位までは新興国の方が多いですね。それにしても50位までで11社しか入っていません。

ここからどういった情報を読み取るかが投資方針に影響を与えているような気がします。(要は認知バイアス)


世界の流動性の高い大型株に投資したい

VTは小型株まで含む広範囲のインデックスファンドですが、僕が投資しているのはMSCIの大型・中型株に投資するタイプのものばかりです。大型株が実質的に株式市場の平均を左右する存在ですから、なるべくその範囲を広げておきたいというのが自分の方針です。

小型株は流動性が低いものが含まれるので、外国人である我々が投資するにはあまり向かないと考えています。小型株まで含む指数は市場のボラティリティが高まった際に流動性リスクが顕在化する可能性があり、大幅に指数との乖離が発生するのではないかと思います。

流動性に関してはやはり米国が特に優れています。しかし実は米国外企業でもNY市場に上場している企業もありますし、先進国の市場であれば流動性や取引コストはどれも変わらないと考えて良いと思います。新興国企業であるアリババやテンセントはNY市場に上場していますので、流動性は問題ないと考えます。

また大型株は基本的に国際企業ですから、米国企業が一位を取れない部分を補ってくれる存在としてその他の国の企業に期待しています。上位10社からは脱落してしまいましたが、ネスレやユニリーバなど国際的なシェアを持つ生活必需品メーカーなどもありますから、個人的にはやはり米国一本には絞ることはできないなという感じです。

また、(MSCIの区分で)新興国企業が上位に複数食い込んで来ていることを考えると、すでに無視できないところまで来ているのではないかと思い、組み入れるべきではないかと考えています。


新興国の評価は流動的

さて先ほどは流動性と影響力を中心にお話ししましたが、新興国には所属する国自体の信用が低いということもあり、何かがきっかけで急に株価が上がったり下がったり、流動性が枯渇したりといったリスクを内包しています。

過去にも何度か書いた気がしますが、新興国とは経済水準のことではなく、投資対象として適格かどうかという点にフォーカスしているように思います。

先進国はもちろん投資適格です。流動性・外国人の投資障壁の点でも問題ありません。新興国はそれよりはやや落ちる『投機的水準』といった格付けなのではないかと思います。債券でいうとBB以下といった感じでしょうか・・・。

180924_max.png 180924_5y.png

確かに、長期的な平均リターンで言えば新興国インデックスは米国を上回っています。しかし、グラフを見ても米国を上回っている時期はそれほど長くなく、時期の区切りかたによっては全然ダメだったりします。

これは全世界株式と先進国株式でも同じような感じです。新興国を少し混ぜることで、あまりリターンは改善せずにボラティリティだけが増加しているようにも見えます。

ということで、個人的な投資方針としても、先進国株式と全世界株式のどちらにするかということは決めきれずにいます。なんとか、流動性の高い新興国の株式だけをうまいこと取り入れてくれないものでしょうかね。


困った時は二本立てで

というわけで、今のところSBI証券のiDeCoには全世界株式がないことを利用して(?)、iDeCoでは先進国株式一本に絞り、証券口座の方では全世界株(除く日本)を積み立てています。いずれ日本込みの全世界株が(ETFを買うタイプはともかくとして)出るはずですから、その時はそれに積み立てファンドを乗り換えるつもりです。

ただそうなった時に、日本を含む先進国株がないとか言ってまた駄々をこね出すかもしれませんが・・・笑
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント