2018/09/08

ノーリスクでもらえるポイントはもらっちゃおう。SBI証券か楽天証券か

33e608895b21c5c98206b024da441e3b_s.jpg 
こんにちは、資産形成家のいぬデックスです。

さて、先日は楽天経済圏は自分に恩恵がない! などと力説しました。楽天市場を積極的に使わなければ、ポイント倍々ゲームに参加できないからです。
参考記事:楽天経済圏は貧乏人には恩恵がない(気がする)

が、証券会社をどこにするかはまた別の話です。これから競合他社の出方を見るフェイズですから決定ではありませんが、便利さと実益(ポイント還元など)が伴うならば来年からの積み立てを楽天証券に変更しても良いと思っています。

今までと同じことをして、ボーナスがもらえるならもらった方がいいですからね。

例によって自分のことしか書いてませんのでご注意を。


カード決済ポイントはノーリスクでもらえる不労所得

僕の場合、証券口座ではつみたてNISAでの月々1.1万円にすぎませんが、これに毎回110円相当のポイントがつくとするとなかなかお得だなと感じます。どこに積み立てるかだけの話で、出ていくお金の額は同じですからノーリスクでゲットできるポイントとなります。

SBI証券ではそのようなボーナスはありません。

また、今までは楽天ポイントで投信を買ってすぐ解約し、換金したお金をSBI証券に入金してつみたてNISAで投信を買うという面倒なことをやっていましたが、この必要がなくなるのは便利です。


積立に関する利便性は一長一短

楽天カード決済での積み立ては、毎月12日時点での設定額で確定し、翌月1日に買い付けをして、27日に引き落とされます。12日以降に積み立ての設定を変更(増額・減額)しても、翌月1日の買い付け額に影響はありません。

また、楽天銀行の普通預金から必要な額だけ証券口座に振り替られますので、楽天銀行決済でも特に問題なく積み立てができるようになっています。

SBI証券の投信積み立て自動引き落としサービスの場合、引き落としの請求額が決定した後に積み立て額の変更を行うと、引き落としの額は変更されずに変更後の金額で積み立ててしまいますので、場合によっては残高不足で注文できない可能性もあります。これが案外面倒で、設定を変更した後多めに入金しておいたりとあまり自動という感じではなく不満に思っています。

また住信SBI銀行の普通口座からハイブリッド預金(SBIの証券口座)に入金する方法が、手動での振替か、引き落としサービスを使ったタイムラグのある方法を使うしかなく、同じグループなのに連携が悪いなと感じます。楽天銀行のように、買い付ける前日に直接普通預金から振り替えてくれるようになると利便性が大幅に改善すると思います。

その代わりSBI証券は、つみたてNISAの積み立て設定に柔軟性があり、ボーナス増額設定を自由に何度でも設定できるので事実上スポット購入が可能になっています。つみたてNISAを満額使いきれない人にとっては、余ったお金を随時投入できるのは助かります。

楽天ですと、説明が難しいのですが増額設定といって残りの積み立て回数で満遍なく投入するような方法しか取れないようなので、余ったお金ができるたびに設定し直していると年の後半になるほど積み立て額が増えていくという気持ち悪い状態になっています。

とはいえ、気分の問題ですから、スポット購入は悪、あくまでも期間分散すべきと考えれば、楽天の方が便利と言えなくもないですね。歯切れの悪い結論ですみません・・・。


楽天ポイントは余っても投信にぶちこめるから困らない

Tポイントはウエルシアで楽天を圧倒するお得なレートで使えますが、逆に言えばウェルシアで買えるものを全て買っても余ってしまうポイントについては、他に電子書籍など買わなければ溜まったままどんどん増えていく可能性があります。

現時点ではそれほど毎月ゲットしているわけではない(毎月600〜800pt程度)ので、気にしすぎと言えばそうですが、ウエルシアで使いきれないほど増えてしまったら使いどころに困るような気はしています。

楽天ポイントの場合、換金レートはごく普通ですが、楽天市場をまったく使わないとしても余ったポイントはすべて投信に突っ込むことが可能ですから無駄が発生しないというのは利点です。

SBI証券にはSBIポイントというのがあり、これで投信を買えるようになる可能性はありますが、Tポイントとは直接関係はありませんので、Tポイントで投信を買えるようになる可能性はゼロに近いでしょう。いちいちチマチマたまったSBIポイントをTポイントに交換するのは面倒ですからそういう点でも楽天ポイントは有利ですね。


現時点では楽天証券を使った方が得

というわけで現時点でわかっている情報に基づいて総合的に判断しますと、自分の場合来年からはつみたてNISAの口座を楽天証券に移して積み立てた方がお得になりそうです。

ポイント制度は各社が自由に変更できますからこれを基準に使うサービスを決めるのもどうかと思いますが、楽天証券のほうがあらゆるサービスで利便性が高いということも考えれば、他の条件が同じなら楽天証券を使った方が便利な分得であると思います。

SBI証券はこのままですとスマートフォン用webから投信も買えないし、アプリからマイナンバーなどの送付もできないし、過去の取引履歴も確認しにくいですから使いやすさで言えばかなりまずい状況です。早急にユーザーエクスペリエンスの部分の改善が望まれます。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント