2018/09/06

楽天経済圏は貧乏人には恩恵がない(気がする)

0b8f80a4575ec57d6de2b54c6f8af0a8_s.jpg 
資産形成家のいぬデックスです(呼びやすいように改名しました!)

カード決済を利用した投信積立でポイントがもらえるという発表以来、立て続けに楽天が攻勢をかけてきています。楽天経済圏への乗り換えを検討している方も結構いらっしゃいますね。

お得というのもそうなんですが、これまで「楽天ポイントは使いどころがない」というマイナスイメージを、投信やクレジットカードの支払い充填などで直接的に解消してきたのも大きいと思います。

自分はどうするか考えたのですが、見送ることにしました。
特に楽天をdisるつもりはないのですが、見送った理由を少し挙げてみようと思います。

他の人にも当てはまるかどうかはわかりません。あくまでも自分の場合です。


現在はTポイント経済圏

僕は現在JCB EITというリボ払い専用カードをメインで利用しています。リボ専用といっても毎月全額払う設定にすると手数料はかかりませんので、実質的に一括払い専用カードとなっています。

こちらは基本的にポイント還元が1%で、前年の利用実績によって1.05〜1.1%にアップします。これを自動的にTポイントに交換する設定にしていますので、毎月Tポイントが手に入るようになっています。ということで、実際にはTポイント経済圏の住人といえるでしょう。

Yahoo!JAPANカードにするとTポイントカードが不要になるので便利かとも思いましたが、Yahooのサービスを特に利用しないので、あまりお得になることもないためやめました。Yahoo!プレミアムが無料になるとかだと考えたんですけどね。

余談ですが、JCB EITはカード自体にQuickPay機能がついていて、電子マネー対応の店ではカードを手渡すより断然早く手続きが終わります。ApplePayはアプリの起動や認証に時間がかかるので案外使わないなというのが僕の感想です。なのでApplePayは認証不要で一瞬で決済可能なモバイルSuicaに一本化してしまいました。


使うカードをJCB→楽天に変えるのは簡単だけど・・・

とりあえず手っ取り早く楽天経済圏にエントリーするには、使うカードをJCB EITから楽天カードに切り替えるだけで第一歩を踏み出せます。ポイント還元率の微妙な違いは年間数百円レベルなのでどうでもいいでしょう。

僕の楽天カードはMasterCardですからネットショッピングで(手数料の関係で)JCBが使えないことがあるということも解消します。

ではなぜ楽天経済圏に乗り換えないのでしょうか。僕にはメリットがないからです。


電子書籍サービスの乗り換えは大変だ

Tポイント経済圏の電子書籍といえばBookLive!です。文字の本の品揃えが弱いのですがマンガの品揃えは特に問題なく使えます。クーポンガチャなる企画がありましてこれを利用することで常時10〜25%割引で買えるのが特徴で、Tポイントを使った分にもまたTポイントがつくのでお得感があります。

こちらで購入した続き物のマンガを途中から楽天Koboに乗り換えるのはやや勇気がいります。ただし品揃えは圧倒的に楽天Koboの勝ちですので、これからも継続して使うという前提であれば少し悩むところではあります。

BookLive!にはもう一つ利点がありまして、PCやスマホから特別なアプリを利用せずにブラウザで直接電子書籍を閲覧できるという手軽さも良いと思っています(さすがにスマホからはアプリを使ったほうが便利です)。Koboは専用アプリでDRMを解除する必要がありますので、アプリのサポートが終わればそこで終了です。

というわけで、今まで購入した電子書籍資産を無駄にしないという面から乗り換えはためらわれます。

とはいえ、BookLiveで売ってないという理由でKindleやKoboで買った本もありますから今さら何をグダグダいってるんだという気もします(^_^;)


使えば使うほどお得になるサービスには参加できない

僕はとても貧乏だということを思い出してください。ポイントプログラムというのはお金をたくさん使う人ほどよりお得になるサービスです。特に楽天にはその傾向が強いです。あらゆる楽天のサービスを積極的に使うほどお得になります。

しかし貧乏人はそもそもお金を使えません。よく考えましょう。お金は使わないほどたくさん貯まります。やむを得ず使う分だけ、お得なポイントがつく方法を使うのが一番良い使い方です。同じ買い物をするならまあ楽天の期間限定ポイントがつく方法にしようかなぁ・・・くらいの使い方で十分です。

自分の金融リテラシーの低さは自覚していますので、節約よりお得を優先してしまわないように強く戒めていかねばなりません。


どちらにしても、期間限定ポイントはたいしてゲットできない

楽天ポイントの高還元率の根幹は期間限定ポイントです。あらゆる連携サービスでボーナスとして付与されるのはほとんどが期間限定ポイントとなっています。そしてそれらは楽天市場の通販を利用することでもらえる仕組みです。

つまり楽天グループや提携サービスを利用してポイント倍率を上げた上で、楽天市場で買い物しないと楽天経済圏の恩恵はほとんど受けることができない、と思うのですがどうでしょうか(弱気)

僕は独身のおっさんですが、支出の大半は家賃と食費、通信・光熱費で占められています。このうち楽天市場で買えそうなのは食費のみ。しかし食料品に関していえば近所のスーパーで買ったほうが断然安いです。送料もかかりますし、はっきりいって楽天市場で買う意味が全くありません。車がないのでペットボトルのまとめ買いは重労働ですが、おっさんは少しは運動したほうが健康のためです。
180906_kakeibo.png 
そもそも、ネット通販をあまり使わないというどうしようもない事実を突きつけられてしまいました。わはは。

ほとんど利用しない楽天市場のポイント倍率が10倍になっても全然お得じゃありません。ポイント倍率を上げるためにわざわざ楽天のサービスに乗り換える理由がないということに気づきました。


Tポイントの還元レートは圧倒的

日用品については、ウエルシアで毎月20日に開催される利用Tポイント1.5倍デーで買うことで楽天ポイントよりも圧倒的に高いレートで買い物ができてしまいます。こんな美味しいサービスがいつまで続くかわかりませんが、現時点ではこちらを使ったほうが(自分にとっては)お得です。


乗り換えは不要だった

というわけで、改めて楽天経済圏との相性の悪さが露呈してしまいました。全てを楽天に特化すれば、ポイント以外の面で運用がシンプルになり便利さも手に入れられる気がしますが、そこまでする気力がないので現状維持とします。

それでも月々数ポイントは(楽天銀行からの引き落としで)受け取れていますし、ごく稀に買い物するときは楽天を利用しますので、ゲットしたポイントは毎月の散髪で利用して少しだけ得をしようと思います。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント