2018/08/19

投資の現実離れの勧め・・・

3ffb301391e7ea57b39a2ba7a76221ba_s.jpg 
2016年の下落で一回退場して以来、インデックスファンド(いわゆるオープン投資信託・以下投信と省略)による資産形成に絞りましたので、現在は個別銘柄もETFも一切保有していません。

というのも「投資家」というよりは「資産形成家」である自分にはやはり使い勝手の面で劣るという結論が出たからです。

端的に言えば、投信は実生活にほとんど影響を及ぼしてこないという点が優れています。つまり(ほぼ)完全に忘れて暮らすことが可能なまま資産形成ができるということです。

ということで、投信が優れている点をいくつか挙げてみようと思います。


場中に評価額が変動しない

評価額は市場が閉じてから1回だけ変動します。なるようにしかならないので日中は落ち着いて仕事や生活に集中することができます。


ごく少額から自由な金額で購入可能

投信は多くの場合100円以上なら1円単位で購入が可能で端数も出ません。手数料も(表面上は)かかりません。収入が少ないと入金額も少ないので、単位が細かいのは助かります。ETFや個別株ではこうはいきません。


自動積み立て設定したら手続きは終了

これが投信の最高に良いところです。買い付けに自分の意思が必要なく、忘れていても定期的に購入してくれる仕組みが最初から用意されています。

ETFや個別株を積み立ててくれる仕組みもあるにはありますが割高の手数料がかかり、あまりお得ではない上に銘柄が限られていたりします。今の所あまり現実的ではないですね。

ネット証券なら、銀行からの引き落としまで無料でやってくれます。証券会社の口座に自分で振り込む必要がないので便利ですね。ぜひ活用しましょう。


分配金を出さない方針である

まあこれは「なるべく出さない方針です」というのを信じるしかないのですが・・・分配金を出さないで内部留保することで最大限に課税の繰り延べが可能となっています。かなり長期間保有するとコスト差を逆転する場合もあり、複利の力を感じます。

以前は、分配金を出さないと金融庁だか財務省だかに睨まれるということで、ごく少額ながら毎年出している投信もあったのですが、もはやそのような投信は時代遅れとなり現在は分配金を一切出さない商品が主流になっています。

ETFは必ず分配金を出しますので、再投資のためには自分で指示を行う必要があるために忘れておくというわけにもいきません。


郵便物が一切来ない

隠れた利点です。銀行などいまだに書面での通知が来る金融機関もありますが、ネット証券では全て電子化されていて郵便物は一切届きません。

株式の場合は決算報告や株主総会のお知らせ、配当の明細書など、案外頻繁に封書が届いたりしてたいへん面倒です。服す銘柄となるとその数もどんどん増えてきます。ETFも分配金のお知らせは封書で届きます。

郵便物が届かないことで、投資しているという事実を一層現実から遠ざけてくれるという効果があります。


気絶投資法

積み立て設定したら投資のことは一切忘れて能天気に暮らすというのが一番気楽ですね。通称「気絶投資法」というやつですが、親戚の子供がしばらくみないうちに大きくなっていたというような感動を得られるんだそうです。

コツは、下落時は口座の残高を見ないこと! なんなら下落したことすら気づかないこと! らしいです・・・そのためにも、実生活のほうで趣味や美味しい食べ物など満喫して積極的に忘れていきたいですね。仕事に忙殺されるのは・・・うーん。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント