2018/08/15

貧乏人は非課税口座に安全資産も組み込むべし

34d24076ead87f9565dfa6d066675da2_s.jpg 
前にも述べたことがありますが、僕はかなり貧乏です。収入が少ないので余裕資金もごくわずか。

iDeCoに回す月2.3万を差し引くと、将来に回せる金額(安全資産と、リスク資産含めて)は一万円くらいしかありません。うーん、少ない。

もう少し収入の多い世帯でも、iDeCoの満額2.3万、つみたてNISAの満額3.3万の合計5.6万円を毎月貯めていくのは、なかなか難しいという場合もあるのではないでしょうか。
※余談ですが、iDeCoとつみたてNISAを20年間満額積み立てると、元本だけで合計1344万ですから普通に考えてひと財産築ける計算になります

こちらの記事によりますと、月々の貯金額の最頻値は1~5万程度らしいです。
余剰金で投資する!と言う本来の意味を考える(投資用に1万円を確保するのは意外と壁が高い) - ずずず のんびり日記

毎月の(貯金を含めた)余剰金が5万に満たないということは、そのまますっぽり非課税口座に収まってしまうということです。

そうなると多くの人にとって「非課税口座には期待リターンの大きいものを、それ以外で安全な(=リターンが低い)ものを配置」というセオリーはベストとは言いきれなくなってきます。一般論としてのベストな選択肢を選べる状況にないと言い換えることもできるかと思います。

あえて、ベストではない選択をするほうが管理がしやすくなり非課税メリットも最大限活用できるようになるかもしれません。ベターな選択肢を提案してみます。


つみたてNISAではバランスファンドも考える

つみたてNISAには大きな制限があります。それは途中で売約してしまうと、運用益非課税の利点が失われてしまうということです。20年間持ち続けることを暗に求める制度となっています。

ということは、株式ファンドを積み立てていたとして、途中で大きく株価が伸びた場合にもバランスを取るためにと言って売却するわけにはいかないということです。一時的に積み立てを停止してキャッシュを積み増すにしても、余剰金が少ないので到底間に合いません。

ということで、ここはバランスファンドを利用して、リターンの低い債券も非課税で運用してもらい、リバランスもファンドの中で行なってもらうのがベターな選択だと思います。

バランス型は通常、(少なくとも)ベストな選択ではないのはわかっているのですが、絶対に途中で売らないという目的のほうが優先度が高い場合には、有効な選択肢と言えるのではないでしょうか。


iDeCo口座にキャッシュを配置する

これは少し異論もあるかと思います。確定拠出年金に用意されている預金の5〜10倍の金利がつく楽天銀行などがありますからね。

ただ、ここで問題になるのは運用の複雑さです。確定拠出年金は他の口座と相互に資金を移動させることができません。毎回めんどうな計算をして積み立て金額を調整するのはなかなかできることではありません。

それに、金利の高い銀行にキャッシュを配分するために、iDeCoの拠出額を減らすというのは本末転倒です。iDeCoの最大の利点は拠出分がまるまる所得控除になる節税効果です。拠出額を減らすという選択肢が一番損です。

ということで、iDeCo(もしくは企業型の確定拠出年金)の口座の中だけでキャッシュを含めたポートフォリオを完成させてしまうのがベターな選択となると思います。

また、こちらでもバランスファンドというのは有力な選択肢になってきます。ただ商品が限られていますので、希望のものがなければ妥協するか、自分で組み合わせるしかないでしょうね。


余剰キャッシュを持たないことで無駄遣いの機会を減らす

僕のようにマネーリテラシーの低い人にありがちなのですが、使わないつもりで持っている現金でも、あると思うと使ってしまうということが(本当に)あり得ます。

キャッシュポジションを持っていると、遊んでいる金がもったいなくて少し下落した時にETFを買ってしまったりしてあとで困ることになったりします。

つい最近トルコリラに端を発する新興国の下落がありましたが、僕は余裕資金の一切を非課税口座に突っ込んでいて手持ちがなかったので、動かずにすみました(笑)

これも一般的には眉をひそめられる行為かもしれませんが、場合によっては有効です。同じくらい頭のゆるい人の参考になれば幸いです。

もちろん、生活費と生活防衛資金は別で持っていますよ。こちらは絶対に投資には回さないし、将来のための貯蓄でもないので死守します。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント