2017/11/05

バランスファンドはせっかくいろんなカゴに盛った卵を大きなカゴに乗せてるようなものとも言えますね

べつにバランスファンドに限った話でもないですけど。
一つの商品としてパッケージングした時点で、それは「一つのカゴに盛った」ことにはならないんでしょうか?
さながらクラスター爆弾のような…

・1000銘柄に分散投資しているものを、投資信託として一つにパッケージングする



・特性の違う、複数の投資信託を、バランスファンドとしてひとつにパッケージングする



・複数のバランスファンドを、一つの証券会社で保有する

どこまでやれば安心するかはその人次第ですかね。

それはともかく、バランスファンドに対してある懸念としてはやはり、
パッケージ商品なのでコスト水準において放置されることが多い、ということでしょうか。
実際、ニッセイの4資産均等バランスは長期間割高のまま放置されていましたし、
8資産均等はともかくとして、他のeMAXISのバランスファンドは旧来の水準のままになっています。
その間に単一アセットの商品は劇的な低コスト化を果たしました。
(たいていは新商品という形で提供され、従来の保有者には利益がなかったのは残念です)

そういう点ではファンド・オブ・ファンズ形式だとその恩恵も得ることができるという点でいいのかもしれませんね
バランスファンドが徴収する管理運用費用(信託報酬)は、そのポートフォリオの管理に対する手数料ということで。
(バンガードがアメリカで提供しているバランスファンドは自社ファンドによるFOFです)
ただしファミリーファンド方式のバランスファンドは、マザーファンドへ支払うコストが実費のみになるのでもともと安いわけですから文句も言えないです。

国内業者が提供しているFOF用の私募投信はだいたい0.1%程度の管理運用費用が設定されている関係上
バランスファンドもこれ以上の低コスト化はなかなか難しいのかもしれません。

となると最後に残るのは松井証券の投信工房のような、単品ファンドを組み合わせるサービスが最も低コストになるような気がしますね。
関連記事
応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント