2018/07/25

現物を所有しなくて良い時代になってきたと感じます。

94cc87eacfb74c56564d111ae44927a4_s.jpg 
今日は雑談です。

僕は過去にあまり良い環境で育ってこなかったり、自堕落な生き方をしたり、商売に失敗したりと恥ずかしい人生を食ってきましたから、なるべくバーチャルな存在で居たいと思っているのですが、積み立て投資に出会ってからは節約の面からも、物を持たない生活という傾向が強くなりました。

クルマも手放しましたし、まあ所有物といえば衣食住と趣味に使うパソコンくらいでしょうか。

モノを所有しなくていい時代が現実的になってきています。お金も持ち歩かなくて良くなってきましたね。


たとえば、電子書籍。

読み終わった本はあまり読み返さないのですが捨てるのも忍びないので増えてしまいがち。そのうち我慢の限界が来て捨ててしまうのですが罪悪感もあり困っていたところ、電子書籍の急速な普及でそんな心配もなくなりました。

まだまだ文字の本は新作が電子書籍化されないことが多くて困りますが、文庫版が出るまで待つことを思えば短いタイムラグで出ますし、逆に電子書籍でしか出ない本もあります。

まんがはすでに電子書籍の時代ですね。もう少し解像度が上がれば嬉しいのですが。

いわゆる同人誌もデジタル化が浸透してきて、場所を取らずにいくらでも保管できるようになり、また送料もかからずゴミになることもなく発行にコストがかからず、混み合って不快だったり、コミュ障には大変キツイ即売会に行かなくてもよくなったので個人的には大変嬉しいです。

不動産投資もそうかもしれません。現物を所有することなく、REITを通して間接的に不動産への投資ができます。リスクを負って借金したり、物件の世話したり、入居や退去の手続きもいらない、いつでも買えていつでも手放せるなんてすごいですね。

僕はあまり勉強をしないタイプだったので、株式投資をしていた頃もREITの存在なんて知りませんでした。そんな情報を知れたのもネット証券のおかげです。

賃料収入だけでなく土地を買って太陽光発電の投資に乗り出す人もいらっしゃるようですが僕にはとても怖くてできません。再現性もないですし他人が成功したからといって、自分も同じように行くとは思えないのです。僕はバーチャルな不動産投資であるREITで安心を買いたいですね。

逆にいえば敢えてリスクを冒して現金を保有したり、家土地を持ったり、耐久消費財や生産設備などを購入する人にはそれ相応のリターンがあっても良いのではないかということも納得がいくようになってくるわけで、インデックス投資に比べて儲かったという話を聞いても悔しがることはないと思います。ただそのリスクを取れる資金力を羨むばかりです。

そんな貧乏人でも投資ができるいい時代になりました。デジタル化、ユビキタス化、バーチャル化の恩恵を一番受けたのは僕のような人種かも知れません。

と、無理やり投資に引っ掛けて記事にしてみました。ここまで読んでいただいてありがとうございました。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント