2018/07/16

家族に自分の遺産を託す際にどう言うか?

a0001_018070.jpg 
こちらの記事を読んだ感想です。

参考記事:バフェットの遺言。僕は、同じように、妻に「S&P500に投資しておけ」とは言えない。

関係ないですけど、はてなブログってすごく便利でいいですね。自分もはてなブログにすればよかった。(あとの祭り)


まずは訂正を・・・

これ、よく勘違いされていることなのですが、ウォーレン・バフェット氏は妻にそんなことを言ったとは一言も書いてません。妻に対する相続信託の運用担当者に対してそう指示したという報告です。

話は変わりますが、『バフェット氏はバンガードのETFであるVOOを推奨している』というような事実無根の噂も、まことしやかに語られていますが、バフェット氏がVOOの名前を具体的に出したことはありません。

バフェット氏はただ、S&P500に連動するインデックス・ファンド(バンガードのものがおすすめ)とだけ述べています。ETFも確かにインデックス・ファンドではあるのですが、この場合もっと一般的なミューチュアル・ファンドを指していると考えるのが自然でしょう。VOOを推奨したと言うには弱すぎます。

このように日本においては、一種のヒーロー(英雄)的な人物に対して尾ひれがついたエピソードが勝手に一人歩きしているパターンが見受けられます。ブロガーもファイナンシャルプランナーもこういうことについて裏を取ったりしませんから、多くの人が言っているから、wikipediaに載っているからといって正しいとは限らないということは、ネット社会で特に気をつけるべき点でしょう。

話が逸れてしまいました。


バフェット氏はどう言ったのか

さて、話を元に戻します。

バフェット氏は、相続信託の管理者に対してシンプルで完璧な指示を出しましたが、妻にはどう言ったでしょうか。いきなり予想になってしまいますが、

「私の遺産は全て相続信託に任せてあるから、あなたは心配しなくても良い。必要な分だけその都度引き出して使うように」

とだけ、言ったのではないでしょうか。

これはある意味当然そうなるだろうという感じです。そのために信託に指示を出しているのですから、妻から見れば遺産は自動的に運用される一つの箱として存在するのみで、いわばバランスファンドと同じことです。全てを一つの数字で表すことができます。(評価額)


妻はいないけれど・・・

ひるがえって、自分の話です。

僕は独身ですから妻がいませんが、もし誰かに自分の財産を託すことがあるとすれば、やはり同じようにすると思います。相手にややこしい説明をしても理解してはくれないでしょう。

すると例えば二つの商品を半々に調整しなさいだとか、キャッシュとリスク資産のバランスを取りなさいだとかはおそらく伝わらないでしょう。山崎元さんは投資家ならそれくらい誰でもできると言ったそうですが、投資家ではない人にやれと言うのは酷だと考えています。

ということで、最終的にはやはりバランスファンドに行き着くのではないかと思っています。元気なうちはこだわってやってもいいかもしれませんが、自分も老いてきたり、他人の手に渡ることを考えると、少々のコストの上乗せよりも自動で(仕事として)やってくれるサービスが提供してくれるものの方が重要になってきます。

僕の場合すでに(過去にいろいろ買ってしまったものを除き)スリム三地域均等に一本化してしまったのでほぼ完了してしまっていますから、あとは伝える相手を作ることだけですかね・・・。

そして然るべき時が来たら「自分の財産はここに全部まとめてあるから、あなたは必要な時に必要な分だけ引き出して使うように。毎日評価額とにらめっこしないように」と伝えようと思います。


余談

さて、冒頭ではてなブログは便利だなと言う話をしましたが、高機能で言えばレンタルサーバでWordPressを使った方が断然良いのはわかりきっています。

それをしないのは、もちろんコストということもありますが、

  • アプリやプラグインのアップデートやそれに関わる面倒ごとを自分でやらないといけない
  • WordPressの天下もいつかは終わり別のソフトが取って代わる

といったことが挙げられます。ブログも以前はMovableTypeが主流でしたが今は違います。webサーバもApacheがブイブイ言わせていたのは過去の話です。

そういった継続に関する面倒ごとを全てわずかな手数料で代行してもらえるという点で、無料ブログや課金制オプションは片手間ブロガーにとって理想的な環境と言えるでしょう。我々はただその結果を享受するだけでいいのです。便利ですね。

これってインデックス投資と似ていると思いませんか?
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント