2018/06/16

ノータッチ投資の実現へ向けて……つみたてファンドを変更しました

こんにちは、すっかりご無沙汰しております。

本業の方が忙しく、また別の趣味に時間を振っているために投資のことは頭の片隅にギリギリ引っかかっている状態ですが、自動引き落としによる積立は継続しています。

さて、このたびつみたてNISAでの積立てファンドを変更しました。


さて注目の、どのファンドに変更したかですが、ズバリ


eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

です。実は日本、先進国、新興国のファンドをちょこまか買っていたのですが、全部やめてこの一本にまとめました。

「あれっ? この人前に自分は買いませんっていってなかったっけ」

って思いましたよね?


以下、自己弁護です。

どうせ考えてもベストな組み合わせはわからない

アセットアロケーションについて考えたり意見を述べたりしてきましたが、結局のところそれが正しいと言えるだけの明確な根拠ってなかったんですよね。

というか、日本、先進国、新興国というくくりを、それぞれ『アセット』と見ていいものかどうかと考えるようにすらなりました。

明らかに違う『株式』『債券』『キャッシュ相当』の三種類でいいんじゃないでしょうか。

そうすると中身はまあまあ妥当であれば、なんでもいいということになります。もともと新興国を組み入れる理由が「世界経済の中心がこの先どう変化するかわからないから」であるなら、均等に組み入れるのも悪くないと思いました。

どうやってもベストを選ぶことができないのであれば、コンセプトがはっきりしていてそれが変化しないことが保証されているものが安心できるとの判断です。

バランス型でもよかったのですが、そこは為替ヘッジを行わない外債を買う積極的な理由がなかったこともあり、無かったことにしました。債券ファンドはリタイアが近づいてから別の口座で買い増していこうと思います。


資産形成における最大のコストはお金ではなく、時間や手間

さて、現時点では単一アセットのファンドを含めても最低クラスのコストを誇る当該ファンドですが、そもそも同社の先進国ファンドよりは少し高いですし、もしかしたら他のファンドに遅れをとることがないとも限りません。

すぐに思いつくものとしてはeMaxis Slimシリーズが導入している受益者還元型と呼ばれる、ファンドの純資産額に応じた管理運用費用(信託報酬)の漸減により差がつくケースです。

でもそんなことどうでもいいじゃないですか。10億円持っていたら考えたらいいでしょう(いいかげん〜)

こうした継続的な投資で一番もったいないのはああでもないこうでもない、いつ売るべきか買うべきか、こっちの方がいいのではないかなどといった判断に要する時間だと思います。

時間は何にでも使えて、お金に変えることもできるし、万人に平等に与えられる無敵の資産です。

無駄にするはずだった時間を、人生を楽しむほうに振り分けた方がきっと良い人生を送ることができると思います。


iDeCoをどうするかは今後に期待

僕はSBI証券のiDeCoを利用していますが、ラインナップがごちゃごちゃしていることと、本当に欲しい商品は含まれていないという状態で、仕方なく適当に単一アセットのファンドを組み合わせて積み立てていますが、まだリバランスについてはどうするか先送りにしている状態です。

おりしも確定拠出年金に関するルールが改正されて、近いうちにラインナップが整理されるようなので、これを機にeMaxis Slim三地域均等が入ってくれることを願いたいところですが、ならないかもしれませんのでその時はまた考え直そうと思っています。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント