2018/04/07

「投資をしています」と言うのすら面倒くさい

僕はつみたて投資を実行していますが、これを「投資しています」と言うのは気がひけるというか面倒くさいというか、そういった思いがあります。

だって積み立て投資ってひたすら積み上げるだけですから・・・貯金や年金と同じことですよね。その程度のこと、いちいち言うまでもないことではないでしょうか。


お金の置き場所が違うだけ

前にも書きましたが、積み立て投資は貯蓄の一形態に過ぎないのです。いくつかある置き場所のうち、投資信託においた分を投資と呼ぶかもしれない、程度。

関連記事:つみたて投資は貯蓄です

資産の形成であってべつにお金儲けではありません。(少なくとも僕はそう考えています)

積み上げたお金は市場の波に乗って増えたり減ったりしますが、増やすための努力は特にせずただ持っているだけです。うまく売りぬける方法や、一番大きな成果を得る方法は特に考えていません。

ですから、殊更に私は投資をしていますと宣言するほどのことでもないと思います。(が、ここは積み立て投資のブログなので仕方なく言っています)


もっと預貯金のような感覚に近づけて欲しい

もう単純に面倒くさいです。たかが貯蓄にそんなに手間をかけたくありません。

できたら株式クラス同士のリバランスとかしないで済む方法のほうがいいと思いますし、 取り崩す時も債券もしくはキャッシュと株式は所定の割合で引き出せるようにして欲しいです。

松井証券の投信工房は良いサービスですが、どうにかして証券口座に振り込まないといけないだとか、投信の乗り換えが全部買い替えになるなど、まだまだ足りないところもあります。

いずれSBI証券か楽天証券、あるいは三菱UFJ国際投信の直販で、自動運用が銀行口座とシームレスにつながるようなサービスが実装されないかと思って待ってるんですけど、どうでしょう・・・?

そこまでくれば、誰もがわざわざ投資をしていますと言わなくてもいい世の中が来たと言えるのではないでしょうか。
関連記事

応援よろしくお願いいたします。こちらから他の方のブログも見ることができます
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

コメント

非公開コメント