2018/09/30

インデックスファンドの運用能力を主要5社で比べると、ニッセイが案外良かった

投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

最近たいへんためになる記事を見かけました。


こちらの記事を含め、最近わかってきたことは「運用報告書からは真の運用コストはわからない」「日々のトラッキングエラーを最小化しようとするとコストがかかり、長期的なリターンが犠牲になる」ということです。先日の三菱UFJ国際投信のミーティングでも、似たようなお話があったようですね。ありがたいことです。

どこで読んだ記事かは忘れましたが、バンガードのインデックスファンドはなるべく売買を少なくすることで、トラッキングエラーよりもコストの削減を優先している(のでプロの評価が高い)というような話を読んだことがあります(英語)。

さて先ほどの記事からの引用ですが
信託報酬が年率0.02%程度の差でしたら、パフォーマンスが6か月、1年、3年で上回っているファンドを選んだ方が良いと考えます。

なるほどごもっともです。というわけで比べてみます。

続きを読む

2018/09/27

ちょっと残念なSBI証券の新・iDeCoプラン。しかし現状よりはまし

dd6104afb80ddbbfb4f8c43f3fd93277_s.jpg 
投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。画像はリニューアルで検索したら出てきたマンションの改築の様子。

すでに各所で話題となっていますが、SBI証券のiDeCoに新プランが設定され、商品ラインナップが刷新されています。


といってもよく考えてみれば業界が震撼するような大ニュースではなく、しばらく遅れをとっていたのがようやく追いついたといった感じです。

すごく簡単に言えば、「各種インデックスファンドを現行で最安のものにしましたよ」ということですね。僕はインデックスファンド以外には興味がなく、アクティブファンドについては最初から眼中にありませんので、他の商品については特にコメントしません。

ところで僕はこの新プランについてよしよしと思った点もありますが、全体的に言えばがっかりしています。それでもプラン変更に手数料がかからないことを考えると他者に移管するよりはましであることから、新プランへ移行するつもりです。

ということで良い点・良くない点を挙げていきます。

続きを読む

2018/09/26

新興国への投資について考えた

投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

たぱぞうさんのブログ記事を読んで触発されてこのエントリを書きます。


ポートフォリオに新興国株式を組み入れるかどうかは常に議論の的です。

新興国株への投資が超過利益を生み出すのか、それともリスクとコストばかり増えてそれほど儲からないのかははっきりしたことは言えませんが、それでも自分でどうするかを考えて方針を決定しないといけません。

様々な情報や意見が飛び交っていますが、ここは自分としての認識と考え方を述べてみます。

続きを読む

2018/09/24

僕が米国株・先進国株に絞らないわけ

919d1604801bd41dec71a060cc53bed3_s.jpg 
投資家未満の資産形成家、いぬデックスです。

組み入れ上位10傑から米国以外の企業が消えてしまってからしばらく経ちます。たしか一年ほど前まではまだ残っていたような気がするのですが、いつの間にか消えてました。

ということで実質的に世界の株式市場は米国が支配しており、各国市場のリスク・リターンなど考えても米国株のみ、あるいは先進国株のみに絞った方が儲かるはずなのに、なぜそうしないのかということになってくるかと思います。

僕は現在、iDeCoのほうで先進国株のみ、証券口座のほうで全世界株(除く日本)に投資するという二本立て体制です。なぜそうしているのかという理由は自分でもはっきりとは持っていないのですが、ふわっと述べてみたいと思います。

続きを読む

2018/09/19

節約に目覚めた時に忘れがちなこと

cf4d0e260ff93b4f3ca1b06dce0a0d77_s.jpg 
投資家未満、資産形成家のいぬデックスです。

積み立て投資をきっかけに家計を見直し、お金が貯まる体質を作るための節約に目覚めるというのは良い影響の一つだと思いますが、節約というのもこなれてくるまではついつい無理をしがちなもの。

表面上は毎月家計がプラスになっていると思っていても、想定していなかったコストで実は年間や数年越しのトータルではマイナスだった、ということもありえます。

企業なんかでも製造機械の故障などが原因で設備の更新ができずにキャッシュフローは黒字でも廃業となる例はよく見かけますから、見かけ上の黒字は馬鹿にできないですよ。

続きを読む

2018/09/16

生命保険を解約しました

8e8bd091b9589d1fe16995aec421ef64_s.jpg 
資産形成家のいぬデックスです。

将来にわたっての懸念事項であった、個人年金保険と収入保障保険を解約しましたので報告します。

たいへん恥ずかしい話ですが独身なのに死亡保険に毎月1万5千円も払っていたわけですから、当時の自分のリテラシーの低さには驚くばかりです。

途中でまずいと気づいて1万円まで減額しましたが、解約は外交員の強い抵抗にあい(自分の給料が減るのだから当然ですね)、できないままになっていました。

続きを読む

2018/09/16

現金手渡し会社員、銀行口座の使い分け

64ca48688bcbd0a715d4e7bd2980fa6c_s.jpg 
資産形成家のいぬデックスです。

過去にも何度かこの話題について書いている気もしますが、しょせん個人のブログなので何度繰り返しても良いと思いまた書きます。

一般的にはメインとなる口座(給与振込と引き落とし用)、普段使い用(ATM手数料無料)、貯蓄用の口座(金利の高いところ)の口座といった風に分けるとお金が貯まりやすいというようなことが言われているようですが、僕にはずっとピンとこない状態が続いていました。

というのも、勤め先がいまどき現金で給料を渡してくれるからです。相手先への支払いも小切手を使っていますから体質が古いのでしょう。そんな自分の口座の使い分けを書いてみます。

続きを読む

2018/09/13

暴落が来たら買い増しできるだろうか?

535559e90d5ef271433fd6d7a96ddbf8_s.jpg 
資産形成家のいぬデックスです。写真は気絶投資法を実践中の柴犬。

「暴落が来たら全力でいく」「早く暴落が来ないかな」という威勢の良い発言をちらほら見かけます。しかし資産形成の先輩方は口を揃えて、本物の暴落が来たら生活基盤そのものが危うくなるから投資どころではないと警告しています。

あなた方が期待しているのは暴落ではなく調整だという指摘もありました。これはなかなか言い得て妙な表現だと思います。たしかに、世界が終わるかのように思える大波乱を期待しているわけではありません。時々都合よく買い場が到来してほしいなと期待しているなと自分でも思います。

もし再びリーマン・ショックのような本物の暴落が来た時に果敢に買い向かい、それまで温存していた資金を放出するようなことが果たしてできるでしょうか?

自分に当てはめて考えてみると、僕にはそんなことはできないだろうと思っています。。ガタガタ震えながら口座を見ないようにしてやり過ごすのが精一杯でしょう。

続きを読む

2018/09/11

積み立て投資を始めるにあたって、節約が先か、余剰金の割当先を変えるのが先か

64ca48688bcbd0a715d4e7bd2980fa6c_s.jpg 
どうもこんにちは。投資家未満、資産形成家のいぬデックスです。

積み立て投資の環境や機運が整ったおかげか、入門書もたくさん出版され、資産形成や資産運用として積み立て投資を始めようとしている人が増えてるみたいですね。

ひとつきになることといえば、積み立て投資を開始するにあたって、新たに投資のための資金をどこかから捻出してこようと考える人が多いように思います。

入門書の中にその辺に言及のないものがあるか、もしくはあまり詳しく書いてないのかな? と勝手に想像しているのですが、積み立て投資を始めるにあたって節約は必須ではありません

貯金に回せる額が『ゼロ』や『マイナス』からスタートする人は仕方ありませんが、収支がプラスで、わずかでも貯金できている状態の人なら、新たに投資のための資金を捻出しようとしなくても、残ったお金の行き先を少し変えるだけで投資を始めることができるはずです。

続きを読む

2018/09/08

ノーリスクでもらえるポイントはもらっちゃおう。SBI証券か楽天証券か

33e608895b21c5c98206b024da441e3b_s.jpg 
こんにちは、資産形成家のいぬデックスです。

さて、先日は楽天経済圏は自分に恩恵がない! などと力説しました。楽天市場を積極的に使わなければ、ポイント倍々ゲームに参加できないからです。
参考記事:楽天経済圏は貧乏人には恩恵がない(気がする)

が、証券会社をどこにするかはまた別の話です。これから競合他社の出方を見るフェイズですから決定ではありませんが、便利さと実益(ポイント還元など)が伴うならば来年からの積み立てを楽天証券に変更しても良いと思っています。

今までと同じことをして、ボーナスがもらえるならもらった方がいいですからね。

例によって自分のことしか書いてませんのでご注意を。

続きを読む