2017/11/28

iDeCoの運営管理機関変更はとてもめんどくさい

DCニッセイ外国株の件に業を煮やし、より良い投資環境を求めて、マネックス証券のiDeCoに移管するにはどうしたらいいかということを調べたりしていました。

運営管理機関変更についてはマネックス証券が詳しい手続きの流れをまとめてくれています。→こちら

続きを読む

2017/11/27

NISA枠の駆け込み消費は危険

そこかしこで「今年のNISAがまだ余ってるから何を買おうか思案中」という文言を見かけるようになってきました。

しかし、買おう買おうと思っていながらこの時期まで買わなかった理由を考えるべきでしょう。

早指し将棋でも、時間切れに追い立てられて打った手は悪手になる可能性が高いです。


続きを読む

2017/11/26

こっそりJ-REITも持っています

みずほ銀行の手数料無料特典を簡単に得るために、投資信託を持つ必要があり(個人向け国債や外貨預金でもいいらしいです)、熟慮の結果i-mzuho国内リートインデックスを保有しています。

本当は50万円以上預けておけばこんなことしなくても済むのですが、僕は貧乏なのでこうした方がいいのです。

一万円分で良かったのですが、買ってからぐんぐん値下がりして気分が良くないので(笑)、下がったところで少しずつ買い足していたところ、このところの急上昇でプラスに転じたので結果オーライといった感じです。

i-mizuhoシリーズには対応するETFを買い付けるラップ型ファンドと、ETFではなく上場銘柄に直接投資するマザーファンドを買い付けるファミリーファンドの二種類があり、

国内リートの場合後者のため報酬の二重取りがないこと、

低コストファンドでもREITに関してはコスト戦争が激しくなく、比較的見劣りしないこと(i-mizuhoシリーズはけっこう運用管理費用が高い)、

他の商品との相関が低いこと

の三点を重視しました。


はからずも、結果的に分散投資の意味を体で理解することができました(株式が上がっている時に下がり、下落した時に上昇)。

このまま長期保有するかどうかは悩みどころですが、大した金額ではないことや
そもそもi-mizuhoは割高であることを考えると、また最低額まで減らしておいた方がよさそうです。

全部売却して外貨預金にしても良いかもしれませんが、みずほ銀行の外貨預金はネットでの手続きが平日の21時までとたいへん使いにくいので、このまま投資信託を持ち続けた方が精神衛生上はいいですね。

とはいえ、みずほ銀行には同じみずほFG傘下のもっと低コストな「たわら」がありますから、i-mizuhoなんてやめてこちらを導入していただきたいものです。


にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
2017/11/26

僕にとって楽天銀行が最強になれない理由

今の勤め先、いまどき給料が現金手渡しなんですよ。

わずか数時間後にはATMに吸い込まれていくのに、わざわざ新札を用意してくれるんですが、はっきり言って無駄だと思います。

小銭は郵便局のATMに吸い込まれていきます。

閑話休題。

休養が現金手渡しだとどうなるかというと、楽天銀行の給与受け入れで振込手数料が月3回無料になるサービスが受けられません。
楽天銀行は自動スイープ機能で証券口座と直結しているため、振替が不要で貯蓄&投資用口座としては良い組み合わせなだけに残念です。

ということで仕方なく、住信SBIネット銀行と、みずほ銀行を併用しています。
両行ともに、比較的簡単に手数料無料のサービスを受けられるので助かります。

ただ使わないお金を置いておくのに、楽天銀行の特別金利0.1%は魅力的なので、貯蓄は楽天銀行でやっています。

どうしても手数料を支払いたくないので、楽天銀行からSBI証券に即日入金機能を使って口座間移動を実現したりと、セコイ技を使って資金移動をしたりしています…

住信SBIネット銀行に対する不満

住信SBIネット銀行だと、証券口座と繋がっているハイブリッド預金という専用口座に移す必要があって、結局証券口座に振り込むのと手間が変わらないので、不便です。

自動的に一定額を振替える機能を作って欲しいです。

預金利率も凡庸なものになってしまいましたし。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
2017/11/26

楽天ポイントで買った投信の処遇…

楽天証券にて、楽天ポイントで投信が買えるようになったので、使い道のないポイントでちょくちょくeMAXIS Slim バランス(通称スリム8均)を買っていたのですが、今年のNISAの枠がちょっと残ってるので、売ってSBIで買い直すべきか悩んでいます。

うっかりバランス型を買ってしまったのでというのもあります。ブログでポートフォリオを発表する際にバランスが混じってると計算が面倒というのが主な理由です、わはは

来年からはつみたてNISAなので、そのまま持つことになると思うんですが、今年に関してはまだ整理する余裕がありますね。
といっても600円くらいしかないので、こんなので考えすぎて禿げたら髪の毛がもったいないです。

買い換えるとすれば、やはりたわら先進国ですかね。値下げ競争には置いていかれ気味ですけど。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
2017/11/24

日本の投信は貧乏人に優しい

日本においては欧米信仰といいますか、欧米に対する劣等感というものがどうしても抜けない卑屈さがありますが、こと投信環境に関してはここ数年で劇的に変化したので、むしろ胸を張っても良いような状況になりつつあります。


欧米の代表として、401(k)やISAなど日本がお手本とした制度もある、投資先進国アメリカとイギリスの投資環境を調べてみました。


続きを読む

2017/11/23

インデックスファンドは固定費引き下げ余地の縮小で運用の質が問われる時代に

それにしてもeMAXIS Slim 新興国株式(slim新興国)の思い切った値下げにはびっくりしましたね。
これによって値下げ追従への絶大な信頼を得たと見て良いでしょう、インデックスファンドは全てeMAXIS Slimシリーズを買っておけばいいんじゃないかと思ってしまいます。
とはいえ、こうなると他の運用会社も追従してくるでしょうから、結果的には横並びということになりそうです。
ところが話はそう単純ではないというお話です。

続きを読む

2017/11/23

楽天Edyは使った店の名前が明細に記録される

カードは使えないけれど電子マネーなら使えるという店を、ちらほら見かけるようになってきました。

僕はほとんど現金を持たない生活スタイルで、現金しか使えない店のために少しだけ紙幣を持ち歩いているだけで、お釣りは郵便局を見つけてATMに流し込んでいます。
残高の管理は完全にマネーフォワード任せです。

ということで電子マネーもたまに使うんですが、いまさらながら楽天Edyも導入してみました。
普段あまり使ってない楽天カードに付属してる機能を使ってみただけですので、手続きは一切不要です。商売わかってますね、楽天さん。

楽天Edyは使った店の名前がちゃんと記録に残るので、どこでなんのために使ったのかあとで把握するのが簡単なのが素晴らしいと思いました。
オートチャージ対応店舗も比較的多いので、事前に設定をしておけば、QuickPayと遜色ないレベルで使えるというのも良いところです。
プリペイド型にしてはなかなかレベルが高いです。

モバイルSuicaなんか「物販」としか出ませんからね。

でも楽天Edyでの買い物は200円で1ポイント、チャージも200円で1ポイントと別勘定のため端数が切り捨てられやすいので、普段はクレジットカードを使った方が良さそうですよ。
電子マネーしか使えない店がたまにあるので、そういうところで使おうと思います。

Apple Payは案外使いにくいので最近はあまり使ってません。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
2017/11/21

ホームカントリーバイアスという言葉に惑わされるな

ホームカントリーバイアス(ホームアセットバイアス)という言葉をご存知ですか

投資や資産運用において自国に偏重しがちであるということを述べた言葉です。
そのような状態を批判するようなニュアンスで使われることが多いです。

というのも、はっきり言って日本の株式のリターンがパッとしないからであって
世界といいますか、主にアメリカのリターンが突出して高いのが理由と言えるのではないでしょうか。

続きを読む