2018/07/03

クリティカルな問題は案外簡単に発生するものだなあ

先日、引き落とし用口座として使っているゆうちょ銀行のキャッシュカードのICチップが破損して、ATMが使えなくなりました。

僕は通帳を廃止してゆうちょダイレクト・プラスにしているので、キャッシュカードがないと入出金ができません。これは困りました。(主に小銭を処分できないという点で)

代替の方法がないわけでもないのですが、手数料がかかったり、他の銀行から振り込んだりと手間がかかります。そういう方法が取れない人の場合、こんなカード一枚でも案外クリティカルな問題になるものなんだな、と気づきました。

続きを読む

2018/03/17

チャージ式電子マネーはモバイルSuicaだけでいいや

今日は閑話休題です。投資とは直接は関係ないお話です。

このところ、iPhoneの契約をauからUQのSIMに切り替えたり、電気とガスの契約を見直したり、メインのクレジットカードを楽天カードから再びJCB EITに戻したりと、細々した節約のための変更を行なっておりました。

ついでに、もともとあまり使っていないのですがチャージ式の電子マネーをモバイルSuicaに一本化しようとしています。

Suicaは改札以外での明細が「物販」としか表記されず、はっきり言って不便なのですが、結局のところカードレスでiPhoneを持ってさえいればいつでも使えるという点が、他を圧倒しているなあと思ったからです。

どうせあまり使わないので、荷物は減らしたいんですよね。

アプリを使えば、Webページにアクセスすることなく登録したカードやApple Payで入金できるのもいいですね(まあどうせほとんど使わないのですが)

あとカードタイプの電子マネーはカードに期限があって、カードが切り替わっても残高が元のカードに残ったままになることに気づいてしまったのでした。(←重要!特に楽天カードに搭載されているEdyでやらかしがち)

ところでいまさらですが、事前にチャージが必要な電子マネーより、口座から直接引き落とされるデビットカードのほうが便利じゃないですか? ポイント還元率なんかはどちらも変わりませんし。

まあクレジットカード使えって話ですけれども・・・

そういえばキャッシュカードで支払いできるJデビットってどこ行ったんでしょうね? 大抵のカード端末では使えるはずなんですが・・・そもそも店の人が存在を知らないかも。

このへんも、従来の決済を牛耳ってきたクレジット会社と、新しく台頭してきた決済手段の業者とのバトルなんでしょうか。そのうちまた電子マネー勢が有利になるようなこともあるのでしょう。

とりあえず、両方持っておけば安心かなと思っています。
2017/12/16

メインを楽天カードに乗り換えます

以前の記事で、メインで使うカードをどれにするか迷っているということを書きました。

参考記事:クレジットカードを決めきれない

しかし検討を進めた結果、楽天カードにすることに決めました。

決め手はやはり、買い物を一切せずにポイントを使えるという点です。

続きを読む

2017/11/26

僕にとって楽天銀行が最強になれない理由

今の勤め先、いまどき給料が現金手渡しなんですよ。

わずか数時間後にはATMに吸い込まれていくのに、わざわざ新札を用意してくれるんですが、はっきり言って無駄だと思います。

小銭は郵便局のATMに吸い込まれていきます。

閑話休題。

休養が現金手渡しだとどうなるかというと、楽天銀行の給与受け入れで振込手数料が月3回無料になるサービスが受けられません。
楽天銀行は自動スイープ機能で証券口座と直結しているため、振替が不要で貯蓄&投資用口座としては良い組み合わせなだけに残念です。

ということで仕方なく、住信SBIネット銀行と、みずほ銀行を併用しています。
両行ともに、比較的簡単に手数料無料のサービスを受けられるので助かります。

ただ使わないお金を置いておくのに、楽天銀行の特別金利0.1%は魅力的なので、貯蓄は楽天銀行でやっています。

どうしても手数料を支払いたくないので、楽天銀行からSBI証券に即日入金機能を使って口座間移動を実現したりと、セコイ技を使って資金移動をしたりしています…

住信SBIネット銀行に対する不満

住信SBIネット銀行だと、証券口座と繋がっているハイブリッド預金という専用口座に移す必要があって、結局証券口座に振り込むのと手間が変わらないので、不便です。

自動的に一定額を振替える機能を作って欲しいです。

預金利率も凡庸なものになってしまいましたし。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ